塾選びの試金石となる、おすすめ中学受験教材の使い方

中学受験において、専用の教材は必須です。
おすすめは四谷大塚シリーズですが、難易度が高く、最初にそれから着手すると、受験勉強が嫌いになってしまう可能性もあります。
よって、小六までに四谷大塚シリーズで勉強できるレベルまで、他の教材で基礎力を十分に向上させる必要があります。
小四までは国語の漢字、語句、社会、理科の暗記分野や算数の計算問題に比重を置いた学習をすべきです。
その際、近所の個別指導塾で、中学受験の実績があるところに問い合わせると良いでしょう。
学習塾では、一般の書店では購入できない、学習塾専門の教材を取り寄せることが可能だからです。
そのような学習塾で、体験授業を受け、納得した上で入塾し、中学受験用教材を基に授業を進めてもらいましょう。
そして、基礎学力が向上しているだろう小六段階で、四谷大塚シリーズを授業で使用するよう学習塾に要望を出してみて下さい。
その要望を断るようであれば、その個別指導塾は中学受験のノウハウがないことを露呈することになるので、早急に退塾すべきです。
そして、使用教材の要望をしっかり聞き入れてくれる個別指導塾を探すべきです。
中学受験失敗INFO18で中学受験の情報を集めることができます。